So-net無料ブログ作成
検索選択
東海(静岡中部・西部) ブログトップ
前の10件 | -

大井川鐡道井川線上り(奥大井湖上駅~千頭駅) [東海(静岡中部・西部)]

Img.JPG

長島ダムでアプト式機関車を連結し山を下りました。

Img.JPG

長島ダムです。
ずっと放流していました。
手前の橋は放流のしずくがかかることから「しずく橋」と呼ばれています。

Img.JPG

ここが一番の急勾配です。

Img.JPG

急勾配の区間を終え再び列車のみで山を下ります。

Img.JPG

こうしてみますとかなりの急勾配を下っているのが良くわかります。

Img.JPG

色々な場所で川の色が変化していて不思議です。

Img.JPG

天気予報では天気が崩れるといわれていましたが晴れていてよかったです。

Img.JPG

山々の景色が素晴らしく綺麗でした。

Img.JPG

何か不思議な川の流れをしています。

Img.JPG

両国吊り橋です。
遠州の国と駿河の国を結ぶ吊り橋ということで両国吊り橋というそうです。

Img.JPG

井川線で運転されていた貨物専用列車です。
川根両国駅には車両基地があります。
てっちゃんが何人かいました。

Img.JPG

千頭駅です。
これから金谷へ向かって移動します。

Img.JPG

とてもレトロなワンマン列車です。
こういう希少な列車はこれからも残してほしいです。

今回の旅行は一泊二日でしたが美味しいものを食べ自然を満喫して大好きなSLも見ることができとても充実できて良かったです。
両親とは親孝行ということで毎年一回旅行していますのでこれからも続けていきたいと思います。
来年は別府・湯布院の温泉旅行なんていいかなって思っています。
nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

大井川鐡道井川線上り(井川駅~奥大井湖上駅) [東海(静岡中部・西部)]

Img.JPG

井川駅です。
南アルプスあぷとラインの終着駅になっています。

Img.JPG

鉄道むすめがお出迎えです。

Img.JPG

標高686m南アルプス表登山口です。

Img.JPG

井川ダム湖の水位が低いため渡船は運休していました。
残念です。
折り返しの列車で帰ることにしました。

Img.JPG

上りは最後尾の車両に乗ってみました。
カーブで先頭車両を見るのもいい感じです。

Img.JPG

かんぞう駅です。
いかにも森林鉄道の駅という感じです。

Img.JPG

接岨峡温泉です。
ここに泊まるのも良いかもしれません。

Img.JPG

大井湖上駅の鉄橋です。

Img.JPG

大自然を満喫しました。
目がとても休まった感じです。

Img.JPG

レイクコテージ奥大井です。

Img.JPG

Happy Bellです。
2010年に20周年を記念してこの駅で結婚式が挙げられたそうです。
トンネルの中で車掌さんが説明してくれました。
このあとさらに山を下りました。
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

大井川鐡道井川線下り(奥大井湖上駅~井川駅) [東海(静岡中部・西部)]

Img.JPG

大井湖上駅から井川へ向けて出発しました。

Img.JPG

吊り橋です。

Img.JPG

鉄道橋で日本一の高さを誇る「関の沢鉄橋」です。

Img.JPG

ここで約1分間停車します。
とても高いです。

Img.JPG

とても迫力がありました。

Img.JPG

トンネルとトンネルの間で一瞬だけ見ることができる渓谷です。
走りながらでしたが写真が撮れました。
川が緑色をしています。

Img.JPG

奥泉ダムです。
ここの水は灰色に見えます。

Img.JPG

車窓から見える山々(十二単)です。
絶景です。

Img.JPG

井川ダムです。
ダムが放水されたらとても迫力がありそうです。

Img.JPG

井川駅に到着しました。
列車を見てみましたら窓が無い車両がありました。

Img.JPG

大井川鐡道井川線は南アルプスあぷとラインと言われ千頭から井川までの25.5kmを結んでいます。
もともと水力発電所建設の資材運搬用トロッコとして建設されたため列車サイズも小さいです。
乗り心地はあまりよくはありませんが興味のある方は乗ってみるとよいと思います。
このあと井川駅周辺を散策しました。
nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

大井川鐡道井川線下り(奥泉駅~奥大井湖上駅) [東海(静岡中部・西部)]

Img.JPG

奥泉駅まで戻ってきました。
このあと井川駅までもう一往復することにしました。

Img.JPG

奥泉からアプトいちしろの区間のの途中にあります泉大橋です。

Img.JPG

川に赤い橋が映っていてとても綺麗でした。

Img.JPG

大井川ダムと吊り橋です。

Img.JPG

大井川の水を綺麗にしているそうです。

Img.JPG

アプトいちしろ駅でアプト式列車を連結してこの鉄橋を渡ります。

Img.JPG

湖の色が緑色をしていました。

Img.JPG

自然の滝が流れていました。

Img.JPG

奥大井湖上駅付近です。
列車が鉄橋にさしかかったので列車の窓から撮ってみました。

Img.JPG

井川線の鉄橋です。
その付近には当時使用していたトンネルがあります。
十数年前まではこちらの路線を使用していました。
このあと井川駅に向かいました。
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

大井川鐡道井川線(奥泉駅~奥大井湖上駅) [東海(静岡中部・西部)]

Img.JPG

大井川鐡道井川線奥泉駅まで移動しました。
ホテルで頂いた奥泉~長島ダム間の往復乗車券プレゼントを利用しました。

Img.JPG

しばらくしますとトロッコ列車がきました。
何か懐かしい感じです。

Img.JPG

鉄道日本一の急勾配区間を上り下りするためにアプトいちしろ駅でアプト式機関車を列車最後尾に連結をして運行します。

Img.JPG

長島ダムです。
2001年に完成した多目的ダムです。

Img.JPG

ここでアプト式機関車は切り離されます。
急勾配区間だけ連結して走ります。

Img.JPG

長島ダム駅です。
ここで親には休んでいてもらいました。

Img.JPG

接岨湖です。
長島ダムによって形成された人造湖になります。

Img.JPG

接岨湖カヌー競技場が設置されています。

Img.JPG

森と湖のコントラストが素晴らしいです。
とても綺麗でした。

Img.JPG

ダム湖を渡る鉄橋「奥大井レインボーブリッジ」です。

Img.JPG

橋の中間には奥大井湖上駅があります。

Img.JPG

この鉄橋は人が歩くことができます。

Img.JPG

写真を撮っていましたら列車が来てしまいましたので鉄橋を走って追いかけました。
このあと長島ダムで親と合流して奥泉まで戻りました。
nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

寸又峡温泉2 [東海(静岡中部・西部)]

二日目の朝を迎えました。
この日も天気が良かったので早朝から寸又峡温泉を散策してみました。

Img.JPG

Img.JPG

Img.JPG

Img.JPG

Img.JPG

Img.JPG

Img.JPG

ホテルの中庭です。
まだ6時前でしたので灯りがついていました。
何かいい感じの明るさです。

Img.JPG

部屋から見た外の景色です。
周りは山に囲まれています。
朝食をとりホテルをチェックアウトしてバスが来るまでの間に周辺を散策してみました。

Img.JPG

観音堂です。

Img.JPG

町営露天風呂「美女づくりの湯」です。
ホテルの温泉もそうでしたが寸又峡温泉に入りますとお肌がつるつるすべすべになります。

Img.JPG

SHOP&CAFE「晴耕雨読」です。
せんべいや雑貨が売っていました。

Img.JPG

ゆらぎ手形を購入すると町営露天風呂を含めて3箇所の寸又峡温泉内のお風呂を利用できさらに町営露天風呂専用入浴券がついているそうです。
色々な温泉に入るのもいいですね。
http://sumatakyo-spa.com/
このあとバスで奥泉駅まで移動しました。
nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ホテルの夕食 [東海(静岡中部・西部)]

Img.JPG

夕食はホテルのべんがら亭でとりました。
ホテルの夕食プランによって部屋が分かれていました。

Img.JPG

Img.JPG

Img.JPG

Img.JPG

Img.JPG

Img.JPG

Img.JPG

Img.JPG

どの料理もとても美味しく頂けました。
てんぷらの写真を撮り忘れましたがこれも美味しかったです。

Img.JPG

骨酒はあまり長く岩魚を漬けすぎない方がいい感じです。
味が濃くなりすぎます。

Img.JPG

やはり一番美味しいのは川根のお茶ですかね。
部屋に戻ってからも何度も飲みました。
あと炭火焼プランというのもあるのでもし次回訪れる際にはランクアップしてみたいと思います。
nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

寸又峡散策2 [東海(静岡中部・西部)]

Img.JPG

大間ダム湖に架かる夢の吊り橋です。

Img.JPG

青々としたダム湖の水はとても綺麗です。

Img.JPG

光の加減で水の色が微妙に違います。

Img.JPG

子供の頃にこの橋を渡った記憶がありますがとても揺れて怖い印象しかありませんでした。

Img.JPG

吊り橋の定員は10名です。

Img.JPG

約30年ぶりに渡りましたが結構揺れました。
高所恐怖症の方にはきついかもしれません。

Img.JPG

中部電力大間ダムです。

Img.JPG

吊り橋を渡りますと急な302段の上り坂があります。
途中やれやれどころで休憩しました。

Img.JPG

展望台にありました森林鉄道です。
大井川流域の電源開発のため敷設された資材運搬用の軌道だそうです。

Img.JPG

飛龍橋です。

Img.JPG

大間川の渓谷です。

Img.JPG

川の途中から緑色に変わっていました。

Img.JPG

自然を満喫できました。

Img.JPG

寸又峡プロムナードコースは吊り橋を渡ると1周約90分でまわることができます。
素晴らしい景色を楽しむことができますので是非お勧めしたいです。
nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

寸又峡散策 [東海(静岡中部・西部)]

Img.JPG

時間がたっぷりありましたので寸又峡を散策してみました。
これは温泉街のイベント広場(旧小学校)にあります二宮金次郎像です。

Img.JPG

外森神社です。

Img.JPG

この長い階段を上りますと天狗の落ちない大石があります。

Img.JPG

カモシカのモニュメントです。

Img.JPG

夢の吊橋入り口です。
ここから先はバイク自転車も入れません。
入り口隣には環境美化募金案内所があります。

Img.JPG

天気が良く山々がはっきり見えます。
緑が多くてとても気持ちが良いです。

Img.JPG

猿並橋です。
朝日岳登山道に続く吊り橋です。

Img.JPG

天子トンネルです。

Img.JPG

何か旧天城トンネルと雰囲気が似ています。
トンネル内はとても涼しかったです。

Img.JPG

トンネルを抜けますと青い色をした大間ダム湖が見えてきました。

Img.JPG

大間ダム湖の水はごく微量の浮遊物が含まれていて波長の長い赤色光は吸収され波長の短い青が散乱光として反射して青みがかった色に見えます。
これが「チンダル現象」というそうです。
このあと夢の吊り橋を渡ってみました。
nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

寸又峡温泉 [東海(静岡中部・西部)]

Img.JPG

千頭からバスで約40分で寸又峡温泉に到着しました。
途中道幅が狭くて岩壁が迫ってきてとてもスリルがありました。

Img.JPG

今回宿泊しましたのは奥大井観光ホテル翠紅苑です。
寸又峡温泉開湯50周年記念交通費半額キャンペーンを利用しました。
http://www.suikoen.jp/index.html

Img.JPG

入り口には水車がありました。
何か落ち着きます。

Img.JPG

とてもレトロな感じがします。

Img.JPG

廊下です。

Img.JPG

昭和っぽくていい感じです。

Img.JPG

客室です。
部屋も広くて綺麗でした。

Img.JPG

部屋の電話です。
デザインが良くて欲しくなりました。

Img.JPG

中庭にあります石です。
座りましたら冷たくて気持ちが良かったです。

Img.JPG

中庭です。
綺麗に手入れがされていました。
とても落ち着けました。

Img.JPG

このあと寸又峡を散策しました。

寸又峡温泉 奥大井観光ホテル翠紅苑

寸又峡温泉 奥大井観光ホテル翠紅苑

  • 場所: 静岡県榛原郡川根本町千頭279
  • 特色: 大正ロマンと満喫できるレトロ感覚の山の宿です。


nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 東海(静岡中部・西部) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。